バネ指・手首の痛み、スポーツ障害の治療ならスギヤマ治療院にお任せ!

スギヤマ治療院

土曜日午後も診療駐車場有

名鉄七宝駅から北へ1km

私が開院した理由

◎絶望的な怪我、そこから得た志

2003年3月 『ブチッ』と音がしました。
当時大学生3年生だった私はアメリカンフットボール部に所属し、このシーズンに懸けていました。
なぜならその前年、大学2年生のシーズンは足首の捻挫が長引き不本意なシーズンを過ごしたからです。
しかし、練習中の不慮な出来事により頸椎の靱帯が『ブチッ』と音を立てて断裂し、医師の指示により復帰は絶望。
早期の引退をすることとなりました。

大学生活の大半を注ぎ込んでいたアメリカンフットボールができなくなり、次の目標に選んだのが公務員試験。
しかし、勉強を開始したものの頸椎の怪我の影響で頚肩の痛みはもちろん、頭が痛くなったり、悩む日々が続きました。

◎時が経ち・・・転機が訪れる

2003年8月の事です。
町の公民館でカイロプラクティックの無料体験がやっていました。
『どうせよくならないだろう。とりあえずやってみてよ。』くらいの感覚で相手の施術者の方には大変失礼なお話ですがそんな気持ちで施術を受けました。
そしたらそれがまるでウソかのように悩んでいた症状が『パッ!』と消えました。
それが人生の転機だったのかもしれません。

『自分が大きな怪我をした今、お身体に対してお悩みがある方をこれからは自分が全力で支えていく存在になって いこう!今日感じた感動を自分が伝えていく存在になろう!』

その瞬間から公務員試験の勉強をやめて、その日のうちに求人誌をみて電話をし、身体に関係する仕事を志しました。

◎仕事というもののイメージを変えてくれた師との出会い

その後、1週間後には金山にあるマッサージ店で働き始めました。
そこはご夫婦でお店を経営されており、人から感謝され、本当に楽しそうにお仕事をされていました。
そういった環境にあったおかげか私自身も楽しく仕事ができていました。
当時大学生(私の時代は就職氷河期)だった私は『仕事=苦痛=苦痛を我慢するからお金が頂ける』というイメージがあったのですがこの仕事は全然違いましたね。
そこで自分の考えが変わり、一日の大半を占める仕事は楽しいと感じることしたかったので大学での就職活動はせず、この道でやっていこうと決心。
国家資格である鍼灸・あん摩マッサージ指圧師免許をそこの先生は2人ともお持ちでしたので僕も国家資格を取得しようと思い、大学卒業後に名古屋市中川区にある名古屋鍼灸学校に入学しました。

◎厳しく、忙しい専門学校時代

1年に6回のテスト。
制服があり、時間に厳しく、とにかく規律には超厳しい名古屋鍼灸学校。
日々勉強する事、医療人として身なりやモラルの徹底はここで培われたと言っても過言ではありません。

何よりも出会った仲間、先生との絆はかなり深いです。
今でも食事に行ったりします。

昼間は学校、夕方~夜はアルバイト、夜から勉強、そして朝を迎える。
その繰り返しでした。
そのおかげ様で難なく国家資格を取得できました。

鍼灸・あん摩マッサージ指圧師の免許をお考えの方。
名古屋鍼灸学校いいですよ!

◎葛藤があった会社員時代

専門学校を卒業してから、東海地区を中心に店舗展開をする大手リラクゼーションサロンを経営する会社に就職、スタッフ育成部に所属していました。
社会人としての在り方などは非常に勉強になりましたし、私が指導して今でも頑張っている教え子は誇りです。

しかし、心のどこかで声がしていました。
『何かが足りない・・・
 結局、俺は何がしたいんだろうか・・・』

そう、そこはリラクゼーションサロンであったゆえに施術は揉むことしか許されなかったので治療家としての方向性については葛藤がずっとありました。
おそらく会社員時代は常に方向性について悩んでいたと思います。

◎『揉んでるだけ』への限界。
アクティベータメソッドとの出会い

2003年からずっとマッサージをして揉んできました。
その中でもいっこうに変わらない人。すぐに戻ってしまう人。
そもそも論、気持ちいいという感覚は解決になっているんだろうか。

『なぜだろう。』
『なぜだろう。。。』
『これでいいのだろうか。』
『正直揉んでいるだけの僕にはもう策がない。』
『そもそも身体の根本は何だ!?』

当時、考えていった先にたどり着いたのは『脳・神経』でした。
そして、インターネットで探しに探し、会社に内緒でセミナーに参加。
働きが低下している神経の働きを良くして症状の改善に導いていく『アクティベータメソッド』という治療に出会いました。

『これはすごい!!本当にすごい!!』

相当な衝撃でした!!

◎2015年5月あま市古道にスギヤマ治療院を開院

2003年3月の出来事から12年。
そこをきっかけに生まれ育ったあま市古道にスギヤマ治療院を開院しました。

では、なぜ私が生まれ育ったあま市古道に戻ってきたのでしょうか??
実は独立する前に働いていた会社にいた時にあま市で働く機会がありました。
そこで分かったことがありました。

『どこに行っていいのかわからない。』
『病院や接骨院では電気かけてちょっと触って終わり。これでは良くなっているのかわからない。』
『2,980円のマッサージに行くけれどハズレに当たることも多い。』

その時、名古屋を中心に働いてきた私にとって地元(あま市)では施術を受ける場所にお困りの方が多いという事を知った瞬間でした。

その時『私がこの地域に新規で参入して、施術を受ける事の良さ、健康の大切さ、自分の身体とうまくお付き合いをしていくお手伝いをしていこう!』と思い、あま市古道で開院しました。

◎これから・・・今も変わらぬ想いで。

アクティベータメソッドに加えて、
2017年から新たに心と身体の関係性にアプローチし、脳・神経の誤作動記憶を上書き保存していく、まさに本質的な治療といっても過言ではない心身条件反射療法を導入。
アクティベータメソッドと心身条件反射療法はイップスの治療で活躍をしております。

会社員時代から常に僕はどの治療が患者さんにとっても自分にとっても最適なのか考えてきました。
そんな2018年のある日、背中を痛めてしまいました。
『マジで痛い。。。』
ここぞとばかりに気になっていた鍼灸の治療を受けに行きました。

鍼を一本。  浅めに刺す。

すると・・・

『え?なにこれ?全然違うんだけど。』

それが最初の感想です。
気になっていたけれど、想像を遥かに超えていました。
あの大学3年の時に一番最初に受けた衝撃に近い感覚。
これが現在のメインテクニックである整動鍼®との出会いです。

即効性に加え、やさしく、理論もシンプル、そして患者さんの反応も非常にいい!!
開院以来治療方法の変遷はありました。
今ではその整動鍼と整動鍼のベースとなっている活法と併せて治療を提供しております。

【肩がこりすぎて腕が上がらなくなり、家事に支障があった方】
【美容院でじっとしていると首~指先にかけてしびれていた方】
【パート中に股関節が痛む方】
【ばね指があるので料理がしにくくてしょうがない方】
【本番・試合になると思うように身体が使えないイップス傾向の方】

などが笑顔になっていく瞬間をいただきました。
むしろ、私が感動を頂くことばっかりです。

誰しもが多かれ少なかれ【なりたい自分】を持って、スギヤマ治療院の扉を開けます。
これからもこの道を志した時と今も変わらぬ思いであなたを全力で支えていきたいと思います。
そのための努力は惜しみません。

いつでも私はあなたの味方です。
あなたとお会いできることを心よりお待ちしております。

スギヤマ治療院~古道院~杉山英照

ニュース


2018年3月29日 メディア掲載のお知らせ 赤ちゃんを産み育てる女性の応援webマガジン「Happy Angel」P.14にスギヤマ治療院が掲載されました。

2018年9月22日 産後バネ指 20代女性 鍼灸治療症例報告 ブログ記事も合わせてお読みください»


ページのトップへ戻る